マネーフィックスゲームの矢竹次郎の評判は?バイナリーオプションの危険性とは!

前回のバイナリーオプションの無料オファーに続き、
今回もバイナリーオプション関連について述べたいと思います。


moneyfixedbo  


商材名 マネーフィックスゲーム

販売者  矢竹次郎
マネーフィックスルール説明会 運営事務局
株式会社アルティメットドラゴン

〒150-0044 東京都渋谷区宇田川町36-1
山和渋谷ビル6F

URL http://money-fixed.com/pft/95jet/

E-mail:info@money-fixed.com
お問い合わせ:http://ulsemi.com/t/groups/3848552/mo-fi/


価格:
当メルマガ読者様限定 10,000円 ⇒ 完全無料(期間限定)


【矢竹次郎のマネーフィックスゲームの内容について】


まず、マネーフィックスゲームについてですが、
セールスレターでは、無料の説明会が開催されており、
参加を促されます。

開催場所は、東京と大阪。
参加した方には、手法がプレゼントとしてもらえるとのことです。

「エコノミーハザード」という手法で
冒頭でも言いましたがビジネスモデルで言うと
バイナリーオプションです。

midashi12

3万5千円で販売していた手法を
「無料」でプレゼントするとのこと。

では、無料の手法で勝てるのかといえば、

もちろん、勝てるわけがないです。

つまり、無料のプレゼントを撒き餌にして、
参加者を募っていますね。
(一切、表に出さなかった3万5千円の手法ということで、
 一見、すごそうに見えますが、
 単に表に出さなかっただけでしょうね)

そして、セールスレターでは、以下の内容が書かれております。

一般的に、バイナリーオプションのトレードでは勝率70%になればもはや神のレベルです。
60%でも十分に利益を出せるのですが、私の手法では勝率95%以上をキープしています。

直近のテストでは、300戦(300トレード)中300勝という数値を叩き出しました。


といった内容で、その後には、
100%の勝率のデータも載せられておりますが、

そんな勝率は、まずもってありえないです。

プロでも無理です。。。

「相場」は、不確実なものです。
なので、「絶対」はありえないです。

ただ、プロは、あるパターンだと、

上がりやすい(下がりやすい)

という傾向を見つけて、
その優位性に掛けているのがプロです。

あくまで、優位性があるときにエントリーしているので、
プロでも、もちろん「負ける」時があります。

だから、100%の勝率はありえないです。
(取引回数が少なければ、最初に勝ち続けて、
 たまたま100%の時もありますが、
 回数をこなせば、負けも必ずあり、確率の範囲におさまります)


その後も、驚異のデータ紹介が続きます。

私の最新ノウハウ【天照(あまてらす)】での実績です。
わずか1時間ほどで日給52万円超えも可能です。



highlo

ハイローオーストラリアで12トレード全勝ですか。


全勝の画像ばかり載せても、そんな勝ち続けることは到底無理ですし、
嘘くさいことこの上ないです。

しかも、最後の画像ですが、
すべての12トレードの判定レートが「同じ」です。

判定レートがすべて 「110.638」となっております。


%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a310

つまり、エントリーしてから判定されるまでの時間を長くして、
あまり、為替が動かないときに複数回エントリーを行う。

すべてのエントリー時間を見ても、
あまり幅がないですよね。
5ピップほどですね。

24時間といった長期の時間にしたら、
さすがにどちらか一方に動くので、
全部「勝ち」か「負け」になりやすくなり、

全部、勝った時のデータを載せていると思われます。

バイナリーの知識を持っている人なら、
画像をよく見たら、おかしいと思う人も多いかと思います。

セールスレターからして、怪しいことが多いですし、

このようなデータは、購入者に誠意を感じないです。

正直さに非常に欠けると言わざるを得ません。

「ありえない画像」と謳っておりますが、本当にありえないです!


【バイナリーオプションに関する高額な投資情報の商材に注意を!】


バイナリーオプションのエントリーの手軽さから、
簡単に攻略できると勘違いしている人も多いのですが、
よく考えてください。

<負ければ、掛け金のすべてを失うということ>

勝ったら2倍近くになりますが、
負ければ掛け金のすべてを失います。

つい、負けが込んで、「かっ」となってしまって、

有り金を全部つぎ込んで、なくなってしまうのも、

あっという間であるということを。

<手数料が発生しているので、勝率が5割ならやればやるほど資金は減ります>

また、エントリーするには、
何かしらの「手数料」が発生します。

それは、

勝ったとしても、掛け金から純粋に2倍もらえず、
1.8倍前後で少しペイ率(=リターン率)が下がっていたり、

「スプレッド」であったります。

*スプレッドとは、例えば、1ドル=90円のエントリーの時、
上下に一定の幅があり、「HIGH」を予想していた場合90円ちょうどであれば負けとなってしまいます。
(基準の為替レートのスプレッドというのは、
業者や扱う為替によって差がありますが、
だいたい-0.003円~+0.006円が、スプレッド幅となっており、
その幅で取引が終了すると負けとなってしまいます。)

スプレッドありの場合は、
為替が動かないときは、負けやすということです。


【結論として】


セールスレターから、

バイナリーで300戦して勝率100%なんて、
ありえないですし、

取引画像に、疑問点があることから、

まずもって、疑わしいものであると言えます。

「フィックスゲーム=八百長試合」ということですが、

この内容自体が八百長の疑惑ありです。

会場へ行って説明を聞くのは、無料ではありますが、
おそらく、時間と交通費の無駄になりかねないと思います。

また、プレゼントでもらえる手法も有用性があるのかといえば、
「有用性はない」と言えるものだと思います。
なぜならば、そもそも、セールスレターが信じられないですし、
そんな人がくれるプレゼントはもっと信じられないからです。

参加するぐらいでしたら、
バイナリーの知識と勉強に時間とお金を費やした方がいいかと思います。


ちなみに、安全に資金を増やす方法って、ネットでの情報では、

どれか信用できるものか見分けがつかないときがありますよね。


私のメルマガでは、人脈を生かして知りえた

投資情報もお伝えしております。


下記で登録できますので、

知るだけでも投資の幅は広がるかと思います。


無料のメルマガ登録はこちらから

  ↓ ↓ ↓

<<ドラの公式メルマガ!>>














コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ