ノアコインの相場価格はいくらから?デメリット(問題点)をまとめてみた。泉忠司の暗号通貨が危険!

こちらの「ノアコイン」の案件ですが、

2017年3月に衝撃の展開があります。

追記記事としまして、最新情報をまとめましたので、

またこの記事の後に読んでいただければと思います。



ノアコインの2017年3月の最新情報はこちら




話を戻します。

以下が、今回のタイトルに関する詳細を書いております。

どうもドラです。

ノアコインのプレセールが始まりましたが、

相場価格はいくらからでしょうか。

そもそも泉忠司氏の暗号通貨のリスクはないのか。

デメリットが語られていない今、

前回の続き、改めて問題点をまとめてみました。



前回の内容はこちら

  ↓  ↓  ↓

泉忠司【ノアコイン】内容と評判!2017年先行販売が危険な理由とは?仮想通貨の危険性!


その前に、新しいバージョンのセールスレターが

登場しましたので、載せておきます。


【暗号通貨(ノアコイン)泉忠司】




ノアコイン リスク


URL
 http://megawave-01.info/04_otoshidama/



販売業者 NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.
代表責任者名 Marlo S. Padua

所在地
10/F NET LIMA BUILDING, 5TH AVE. COR. 26TH ST.,
BRGY. FORT BONIFACIO, TAGUIG CITY

メールアドレス info@noah-coin.com


【甘い謳い文句で巧妙な誘いが、、、】



正月ということで、「お年玉キャンペーン」として、

まあ、めでたい印象のセールスレターですね。


「これでもか」というほど、甘い謳い文句のオンパレードですね。


「知識、スキル、経験、場所、時間 一切不要」

「1秒も作業する事無く、

 1円も使わずに、

 1億以上の金額を稼げる」



そして、とどめのこの文言。



「1万円が92億に大化けした

完全放置型投資ドリームメソッド」



「世界初公開」と謳っておりますが、


ぶっちゃけ、仮想通貨の「ノアコイン」の紹介は、

これからだというのに、

1万円が92億円に大化けしたなんて、

あたかも「そうなったか」のような表現は使ってはいけません。


たしかにビットコインは、公開当初からに比べると

ありえないほどに価格は上昇しましたが、

泉忠司氏の紹介する「ノアコイン」がそうなる保証はどこにもありません。



泉忠司氏の今回の案件の紹介パターンとして、

こういった巧妙な誘い文句や甘い謳い文句だけで、

危険性については、一切触れられておりません。


むしろ、「考えさせないように」思考を誘導させています。

なので、改めて、ノアコインの問題点に触れなければと思いました




【ノアコインのデメリットを整理】


これまでの内容を整理したいと思います。

ネットでの意見、コメントをまとめてみました。

特に、泉忠司氏はノアコインのデメリットは語っていなかったので、

ノアコインの想定されうる「リスク」についてまとめてみました。



<一般公開日まで日本円に交換できない>

一度、ノアコインに交換したら、

一般公開日まで、日本円に戻せない。

購入したお金は、それまで「引き出せない」ので、

そのことを念頭に入れましょう。



<一般公開された時にいくらで日本円に戻せるのか>

まず、ノアコインが一般公開されたときに、本当に価値があるのか。

自分がノアコインを購入した費用を上回るだけでの、

価値があり、投資資金を回収できるのか。


(もちろん、公開日に日本円に戻す必要はないが)

一般公開日は、2018年6月12日。その日以降に、日本円に交換が可能となります。


<ノアコインの使用価値はどれだけあるのか>

ノアコインは、今のところ、フィリピンで使えるようである。

フィリピンに行かなければ、実際に使えませんね。



将来的には、日本に住んでいても、使用できる場面はあるのか。

どういった場面で使えるようになるのか。

日本に居続けていて、かつ、日本で使えないのであれば、

「使用価値」はなありません。


その場合、購入する目的は何になるのか。

・「投資」

・フィリピンへの社会奉仕

こういったところになるのでしょうか。


まだ「ノアコイン」の実態が明らかになっていないことも多いのですが、

私からしたら、「見切り発車」ですが、

すでに先行販売が始まっております。

早く購入すれば、安価で買えることをインセンティブに

購入を煽り立てています。

現在、無料オファー案件では、この話題でにぎわっております。



こういった戦略にはまって、せかさせれるように購入する前に、

もう一度、泉忠司氏が説明する「ノアコイン」の意義について考えてみましょう。


【ノアコインじゃなくても、いいんじゃない?】



「ノアコイン」はフィリピンのために設立され、

特に、フィリピンの中でも出稼ぎにいかなければならない

「貧困層」を助けるためのプロジェクトだ、と泉氏は言っております。


具体的に「ノアコイン」がどういった形で貢献できるかと言えば、

「ノアコイン」の送金手数料がほぼ無料に近く設定されていることで、

出稼ぎで海外からフィリピンに、稼いだ資金を送金するときに、

発生する「手数料の費用」を抑えることができて、

結果としてフィリピン人の大きな助けになるということです。


ここで、よく考えてください。

これって、別にノアコインでなくても、別の暗号通貨でも可能ではないでしょうか。

つまり、代用可能なのです。

現在あるサービスでも十分に手数料を安く抑えることができるのです。



なのに、なぜわざわざ「ノアコイン」という暗号通貨をセールスするのか。

おかしいと思いませんか。



フィリピンの特に貧困層は、銀行の概念すら十分に浸透していない現状。

その方に、手数料を抑える方法を伝える。

つまり、知識をつけてあげたらよいだけなのです。

(お金にならないので、泉氏はこんなことはしないでしょうね)


「ノアコイン」の存在意義を作り、「ノアコイン」を正当化させるための

方便なのではないかと思います。



それに、ノアコインを使用できる「ノアシティ」についてですが、

建設予定だと言っているだけで、まだ建設しておりません。

そもそも、本当に建設できるのか疑問もありますが、

実際に使用できる施設ができたとしても、

その商業施設で利用される仮想通貨の恩恵を

貧困層が受けられるとは到底思えません。


そこで、恩恵を受けられるのは、「お金持ち」なのかと思います。

つまり、「ノアコイン」をもって、その商業施設にまで足を運べる人たちや、

商業施設で店を開ける資金のある人たちでしょうか。


いろいろな意見をまとめて、想定しうる可能性について考えてみました。


【ノアコインの相場はいくらから?】



ノアコインの相場についてです。

「いくらから?」と言いましたら、

2017年1月現在では「1ドル」です。

1ドルから値段は上がっていきます。


【1期プレセール】

1NOAHの価格は「1ドル」

販売期間:2017年1月11日-2月19日

発行量:23.11億NOAH

発売国:日本、フィリピン


【2期プレセール】

1NOAHの価格は「1.14ドル」

発売期間:2017年4月3日-5月28日

発行量:55.85億NOAH

発売国:日本、フィリピン


【3期プレセール】  

1NOAHの価格は「1.18ドル」

販売期間:2017年7月24日-10月1日

発行量:111.88億NOAH

発売国:中国、韓国、台湾、アジア各国


【4期プレセール】  

1NOAHの価格は「1.22ドル」

販売期間:2017年12月11日-2018年4月30日

発行量:241.16億NOAH

販売国:世界各国


一般公開 2018年6月12日
(フィリピン独立記念日)


通常、仮想通貨は一般公開されてから

価格を大きく上昇させる特徴があり、

プレセール期間にコインを手に入れることで、

少なく見積もっても3倍ほどの価格上昇は期待できると

と言っておりますが、

実際に、円と交換するときに価格はどのくらいになっているんでしょうかね。




【今回のノアコインについて】


ノアコインの紹介動画はありますが、

実際のところ、現状はまだ細かい点は明かされておりません。

泉氏は購入を煽っておりますが、

本当に購入して大丈夫なのでしょうか。


泉氏が想定するようなノアコインの明るい未来は、

本当にやってくるのか分かりませんが、


ちょっと気になりましたので、まとめてみました。

もちろん、私の意見は、購入はオススメできません。


かつて暗号通貨は何もせずに時間をおいておくことで

かなりの価値が上がった時期がありました。


ビットコインはその一つであります。


ただ、現在はそんなに上手くいくとは限りません。

逆に下がる可能性だって充分にあるのです。


暗号通貨で継続的に資産を増やすためには、

その分野の知識増やし、

動向をチェックする必要があります。


そういった意味では、専門家に比べて

収集できる情報には限りがあり、

その時点で専門家とは、大きな差があります。



【暗号通貨で稼ぐためには、正しい情報をつかみ取ることが必要!】



暗号通貨は最近、流行っており、まさに今のトレンドではありますが、

それにのっかって、詐欺まがいなものも多く出回っているのは事実です。




暗号通貨の95パーセントは詐欺まがいだとも言われております。



いろんな暗号通貨がありますが、


何が安全で、何が危険なのか。


ぶっちゃけ暗号通貨で稼ぐための情報を知りたいのですが、

なかなか、どれか正しい情報なのか判断がつかない時もありますね。



私は、そういった声を聞いて、暗号通貨に携わっている方から、

リアルに聞いた情報をメルマガでお伝えしようと思っております。


またメルマガでしか、お伝えできない裏情報もありますので、

そういった情報も、こっそり私のメルマガでお伝えしていきます。




ちなみに私が最近、仮想通貨に携わっている人から聞いた衝撃の話を

触りだけでも一部載せておきます。


1.流行の仮想通貨で、人生が終わった人の話。

ある地方で流行っているコインが、実は詐欺まがいのコインとも知らずに、

知り合いに広めまくっていた30代男性。

ある日、詐欺コインだと発覚して、

みんなから白い目で見られて、挙句に会社にもいられずやめてしまった話。

(その後、消息不明)


2.ある仮想通貨の代理店の社長が、

この通貨は近いうちに破たんすることが判明して、海外逃亡した話。


3.何の価値もない仮想通貨を「価値が上がる」と

周囲を煽りまくって、価格を上げたところで、

実は煽った当の本人が、そのコインを大量保有をしていて、

見事に売り抜けようとしている話。


本当に、仮想通貨の関わり方を一歩間違えると、

人生が狂う恐れすらあるのです。

こういった話は知っておいて、損はないかと思います。



私のサイトを見ている人には、騙されてほしくないのです。

参考になる話もありますので、

よろしければ登録していただけたらと思います。



登録はこちらから

    ↓↓↓

<< ドラの公式メルマガ登録フォーム >>














4 Responses to “ノアコインの相場価格はいくらから?デメリット(問題点)をまとめてみた。泉忠司の暗号通貨が危険!”

  1. ノアコインって、フィリピンの人のためというより、投機目的の人が多そうですね。最近のセールスレターも無気力億万長者コミュニティって、単に簡単にお金欲しい人を求むって感じだし。参考になりました。

  2. イケメンズ より:

    販売価格見たら、100万、300万、1000万円コースまであり。

    1000万円で、1500万円相当のノアコイン?
    ぼくからしたら、到底そんな価値があるとは思えないなぁ。


    泉忠司は、小銭集めるより、大金持ってる人狙いか、、、
    それか、庶民がなけなしの金を掻き集めて
    購入しているのを待ってる?

  3. 暗号通貨推進派 より:

    NOAHコインは
    泉忠志さんが発行している・やっている・胴元 ではありません。
    フィリピンの政・官・民が非営利団体として推進しているコインであって
    彼個人が音頭をとってるワケじゃない。
    騙される人は 正しい暗号通貨の見分け方を知らないだけでしょ。
    私は知ってますよ。

    そりゃ~ 物事に絶対はないから 立ち上がらないかもしれない。
    でも予定数量の両替ができなかったときは 返還するとしているのだから。
    しかし 予定通りにいったら おいしい思いをするわけでしょう?!
    それを選ぶのは個人であって 人にとやかく言われることではない。

    何のためにプレセールをしているのか わかってるのですか?
    公開までに 1ドルが1.22ドルまでしか上がらないのか
    わかってますか?

    1ドルが100ドルになるとか言ってるところが ぶっ飛ぶんですよ。
    最初から お金集めをする気しかないから。
    そんなに高騰したものを誰が買います??
    考えたらわかることでしょう。

    正しいことも知らないで 批判ばかりして
    あわよくば 自分の商材を売ろうなんざ
    ネットビジネスをやるもののすることじゃない。
    王道じゃない。
    正々堂々とやろうじゃないの!!

    ちょっと立ち寄ったら 紛らわしいこと書いて
    自分とこへ誘導してるようだったから
    いらん世話で言わせてもらいました。

    でもどうせ 公開できないように削除するのでしょうがね^^;
    都合が悪いことはね!!(*^_^*)

  4. 匿名 より:

    おれは中立派。

    フィピン政府の後押しがあるみたいだな

    でもね、フィピン政府の信頼があるっていったって、
    そもそも通貨ではなく、
    数ある仮想通貨の1つにすぎない

    どこまで後押ししているのかもわからない

    しかも一般公開されたときには
    すでに、仮想通貨の危険性が世間に広まって
    ブームがおわってるかもしれんし

    普通に考えて、そのときに
    熱狂して買う人なんかいるんかな

    もってたら誰かに高値で売りつけないと
    利益にならんけど誰に売るの?

    おれはいらんな

    今も将来も

    今買って後悔するか
    買わんて後で後悔するか

    まあ買わんからどっちでもいいけどね

    そういう意味で中立派

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ